ストーリーテラー

とある老人が暖炉のそばで子どもたちに、静かに昔話を聴かせている。カン、カン、カン・・・小気味よい音を鳴り響かせ、街頭紙芝居師のおじさんが下町を練り歩く。

日本でも欧米でも物語の語り部というのは必ずいたものです。大人の語る物語に心を弾ませ、母の読む絵本に安心を覚えた記憶はありませんか?

忙しい社会で生きている子どもたち向き合い、紙芝居や絵本を通して、コミュニケーションを図るそれがチャイルド・エンターテインメントのストーリーテラーです。

ストーリーテラーの仕事

ストーリーテラーの仕事イメージ

どんな内容の紙芝居をするの?

「笑わないカエルの話」

昔、「ティダレック」と言う世界一大きなカエルがいました。 ある日、ティダレックが世界中の水を飲み干してしまい・・・

オーストラリアの動物たちが織り成すとっても楽しい物語!

イソップ物語「牛と蛙」

ある日、カエルの子どもがお父さんカエルに「牛を見た!」 と言いました。お父さんは子どもの話を聴くと・・・

抱腹絶倒のショートストーリー!

このような時に、ぜひご利用ください


夜間出張あり、お泊り会に…

お誕生日会に…

ホームパーティーに…

ご家庭のイベントに…

お子様のプレゼントに…


※お申し込みは2週間前までにお願いします。

人生において大切な子ども時代、チャイルド・エンターテインメントが
親と子のコミュニケーションをお手伝いします。
ぜひ一度お呼び下さい!

キッズクラウンのお申込み & イベント等への出演依頼

お問い合わせはこちら

Facebook

クラウン・タマのブログ
タマが日常思ったことをサラサラと書き綴っていきます。 みんな気兼ねなく書き込んでください。
詳しく見る